過去の放送

これまでの放送内容をご確認いただけます。

#54 提灯

2017年
6月後半

  • 提灯
  • 提灯
  • 提灯

今回のテーマは、「提灯」。
神話の時代から現在に至るまで存在するエネルギー、火。
江戸時代以降、蝋燭の普及により、庶民の間でも照明器具として使われるようになりました。
火を生活に溶け込ませ、明るさをデザインする提灯。
工芸と芸術が合わさった提灯の世界へとご案内致します。

今回お越しいただいたのは、提灯舗かわい 河合浩司さん。
創業安政五年。数々の手間と職人たちの技術を駆使して提灯を作られています。
道頓堀角座の提灯や天満天神繁昌亭の客席天井の提灯は、河合さんが手がけました。
安土桃山時代に中国から伝わったのが提灯の始まりですが、折りたたみ式提灯は日本独自のものなんですよ。